文字の大きさ: 普通 大きめ
ホーム検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細
書名
円周率の謎を追う
副書名
江戸の天才数学者・関孝和の挑戦
著者名
鳴海 風 ∥作
著者名
伊野 孝行 ∥画
出版者
くもん出版
出版年
2016.11
資料の状況
蔵書数 2冊 貸出可能数 2冊 貸出数 0冊 予約件数 0件

場所 請求記号 資料コード 禁帯区分 状態
本館 YA YA/289/ / 200643836 帯出可 貸出可
本館 閉架 YA/289/ / 200630831 帯出可 貸出可
詳細情報
ISBN
4-7743-2552-1
13桁ISBN
978-4-7743-2552-1
書名ヨミ
カダイトショ エンシュウリツ ノ ナゾ ヲ オウ
副書名ヨミ
エド ノ テンサイ スウガクシャ セキ タカカズ ノ チョウセン
著者ヨミ
ナルミ フウ
著者ヨミ
イノ タカユキ
分類記号
289.1
価格
¥1500
出版者ヨミ
クモン シュッパン
大きさ
20cm
ページ数
205p
個人件名
関 孝和
学習件名
伝記
学習件名ヨミ
デンキ
学習件名
和算
学習件名ヨミ
ワサン
学習件名
関/孝和
学習件名ヨミ
セキ タカカズ
抄録
すぐれた業績を残し、日本の数学を世界のレベルまで引き上げた数学者・関孝和。円に魅せられ、その謎を解こうとした江戸の天才数学者の生涯を、周囲の人々とのつながりの中で描く。
児童内容紹介
円周率3.14がまだ使われていなかった江戸(えど)時代。円に魅(み)せられ、その謎(なぞ)を解こうとした数学者がいた。日本独自の数学・和算を世界に通じるレベルまで高め、死後、算聖とよばれた数学者・関孝和(せきたかかず)の生涯(しょうがい)を、かれを支えた人たちとのつながりの中で描(えが)く。
著者紹介
1953年新潟県生まれ。デンソーで長くエンジニアとして働きながら、和算を題材にした小説を執筆。関孝和数学研究所研究員。「円周率を計算した男」で歴史文学賞受賞。日本数学会出版賞受賞。
内容細目・詳細
1 内容書名 第63回青少年読書感想文全国コンクール(中学校の部)
内容書名ヨミ ダイ 63 カイ セイショウネン ドクショ カンソウブン ゼンコク コンクール ( チュウガッコウ ノ ブ )
目次
第一章 さむらいの子の勉強
  その日一番の子
  漢文はきらいでも数学は好き
  数学の絵馬 算額
  大坂から来た若ざむらい
第二章 円との出会い
  円の面積の計算方法はどこから?
  数学をもっと知りたい
  円周率っていくつ?
第三章 円の謎
  丸を四角で計算する方法
  大失敗
  似た者兄弟
  先を歩いていた先生
第四章 円周率をさがす旅
  はじめて見た計算道具
  『楊輝算法』の発見
  才能きらめく少年
  きゅうな知らせ
  きびしい兄のことば
第五章 御用第一に
  女数学者
  気が遠くなるような計算
  沢口一之の挑戦
  香奈一家の旅立ち
第六章 世界に通じる数学者
  漢文の数学-傍書法の発明
  『算俎』をこえた-加速法の発明
  世界に通じる数学者
あとがき
解説

1/1件
前の資料    次の資料