文字の大きさ: 普通 大きめ
ホーム検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細
書名
月はぼくらの宇宙港
著者名
佐伯 和人 ∥作
出版者
新日本出版社
出版年
2016.10
資料の状況
蔵書数 2冊 貸出可能数 2冊 貸出数 0冊 予約件数 0件

場所 請求記号 資料コード 禁帯区分 状態
本館 YA YA/538/ / 200643879 帯出可 貸出可
本館 閉架 YA/538/ / 200643860 帯出可 貸出可
詳細情報
ISBN
4-406-06064-6
13桁ISBN
978-4-406-06064-6
書名ヨミ
カダイトショ ツキ ハ ボクラ ノ ウチュウコウ
著者ヨミ
サイキ カズト
分類記号
538.9
価格
¥1500
出版者ヨミ
シンニホン シュッパンシャ
大きさ
22cm
ページ数
159p
一般件名
宇宙開発
一般件名

学習件名
宇宙開発
学習件名ヨミ
ウチュウ カイハツ
学習件名

学習件名ヨミ
ツキ
学習件名
地球
学習件名ヨミ
チキュウ
学習件名
地球温暖化
学習件名ヨミ
チキュウ オンダンカ
学習件名
アポロ計画
学習件名ヨミ
アポロ ケイカク
学習件名
探査機
学習件名ヨミ
タンサキ
学習件名
探査・探検
学習件名ヨミ
タンサ タンケン
学習件名
宇宙生活
学習件名ヨミ
ウチュウ セイカツ
学習件名
職業
学習件名ヨミ
ショクギョウ
抄録
人類が太陽系へ進出する宇宙港として、注目が高まる月。月探査計画SLIMなど、複数の将来月探査プロジェクトの立案に参加している理学博士が、最新の月科学、人類と月の新しい関わり方を紹介する。ミニ実験コーナーも収録。
児童内容紹介
人類が太陽系へフロンティアをひろげるための宇宙港として、注目を集めはじめている「月」を大解剖(かいぼう)。あたらしい月探査によってわかってきた、最新の月科学を紹介(しょうかい)し、人類と月の新しい関わり方をしめします。科学者や技術者になりたい人のための、ミニ実験コーナーもあります。
著者紹介
1967年愛媛県生まれ。東京大学大学院理学系研究科鉱物学教室で博士取得。専門は惑星地質学、鉱物学。大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻准教授。
内容細目・詳細
1 内容書名 第63回青少年読書感想文全国コンクール(中学校の部)
内容書名ヨミ ダイ 63 カイ セイショウネン ドクショ カンソウブン ゼンコク コンクール ( チュウガッコウ ノ ブ )
目次
はじめに
  宇宙船地球号
序章 月や惑星を探査する意味
  ミニ実験コーナー(その1)「リンゴをむいて人間のちっぽけさを感じよう」
  冷戦と核の冬
  地球温暖化
  生物を何度も滅ぼそうとした地球
  科学者の考えるすばらしい未来
  月の場所
第1章 月はどんな天体か
  月の大きさ
  満ち欠けのしくみ
  ミニ実験コーナー(その2)「明日の月を予想してみよう」
  月はどうやってできたか
  海と高地
  ミニ実験コーナー(その3)「月を描いてみよう」
  ミニ実験コーナー(その4)「月の石を探してみよう」
  ミニ実験コーナー(その5)「月面の足跡をつくってみよう」
  クレーター
  ミニ実験コーナー(その6)「クレーター中央丘をつくってみよう」
  レイ
  ミニ実験コーナー(その7)「隕石が大気圏突入で熱くなる理由がわかる実験」
  ミニ実験コーナー(その8)「レイをつくってみよう」
  火山
  峡谷
  月の環境
  月が地球にあたえる影響
  潮の満ち引き
  生命への影響
  自転の安定
  人類の宇宙開発にあたえる影響
  50年前に、人類は月をどう思っていたか
第2章 月の謎への挑戦
  素晴らしきアポロ計画
  アポロ計画でわかったこと
  マグマの海仮説
  年代測定
  ミニ実験コーナー(その9)「クレーターで月面の古さを調べてみよう」
  リモートセンシングとはなにか
  月リモートセンシングで何がわかったか
  ミニ実験コーナー(その10)「赤外線を見てみよう」
  「かぐや」の成果
  「かぐや」との出会い
  「かぐや」の打ち上げ
  斜長石ほぼ100%の斜長岩
  表と裏のややこしい関係
  縦孔構造
  「かぐや」の最後
第3章 これからの月探査
  月の裏と表のちがい
  水の存在
  月の起源そして地球の起源
  ちかく実現したい国際協力の地震探査
  新しいロケット
  日本の次の月探査
第4章 月で人が暮らすために(月の資源開発)
  宇宙資源の考え方
  エネルギー
  空気
  水
  食料
  基地の材料
  ラグランジュポイントの活用
  科学観測に良い場所
  宇宙探査国別はじめて年表
終章 宇宙にかかわるしごとをするには
あとがき

1/1件
前の資料    次の資料