トップ

図書館

ログイン

お知らせ
タイトルをクリックすると、お知らせの詳細が表示されます。

2018/08/02
毎週木曜日は新着本の日♪ №131(8/2号)

今回の台風は、不思議なコースできましたね。東からくる台風は、初めてでした。
では、今週の新刊コーナーからおすすめの本を紹介します。


 ・『無限の玄/風下の朱』 古谷 田奈月/著
  死んでは蘇る父に戸惑う男たちを描いた「無限の玄」と、魂の健康を賭けて野球する女たちの物語「風下の朱」
  を収録しています。「風下の朱」は、第159回芥川賞候補作です。

   
  ・『地に滾る』 あさの あつこ/著  
  藩政の刷新を願い脱藩した天羽藩上士の子・伊吹藤士郎は、江戸の大地を踏み締める。そこで貧し、迷い、
  慟哭しながら、自由に生きる素晴らしさを知り…。青春時代小説です。

  
 ・『罪なき子』 小杉 健治/著
  初秋の土曜日の午後、上野の美術館で凄惨な通り魔殺傷事件が起こった。「死刑になりたくて人を殺した」
  という男の心の闇に興味を抱いた水木弁護士は、自ら弁護役を買って出て…。



  
 

 


2018/08/16
毎週木曜日は新着本の日♪ №133(8/16号)

 今回の台風は、心配しなくてよかったですね。でも、また次に台風が・・・。
では、今週も新刊コーナーからおすすめの本を紹介します。


・『下町ロケット ゴースト』 池井戸 潤/著
  ロケットエンジン用バルブシステムの納入先・帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、
    そして番頭・殿村に訪れた危機…。予期せぬトラブルにより窮地に陥った佃製作所で、
    社長・佃が下した意外な決断とは-。
  

・『能面検事』 中山 七里/著  
  大阪地検一級検事・不破俊太郎。ストーカー殺人事件を調べるうちに、容疑者のアリバイは証明され、
  捜査資料の一部紛失が発覚。やがて事態は大阪府警全体を揺るがす一大スキャンダルへと発展し…。
    

・『あの映画みた? 』 井上 荒野・江國 香織/著
  映画と本をこよなく愛する井上荒野と江國香織が、いい女、いい男、食べもの、ラブシーンなどの
    テーマで選んだ100作以上の映画について語り尽くす。
  
  

  

2018/08/09
毎週木曜日は新着本の日♪ №132(8/9号)

今度の台風は、関東地方の沿岸を行くようです。今年は、台風が、多いですね。
被害がなければいいのですが・・・。
では、今週も新刊コーナーからおすすめの本を紹介します。

・『送り火』 高橋 弘希/著 
  東京から山間の町に引越した中学3年生の歩。級友とも、うまくやってきたはずだった。
  あの夏、河へ火を流す日までは…。自然は沈黙し、少年たちは血の遊戯に熱狂する!
  第159回(2018年上半期) 芥川賞受賞作品です。
      

・『しき』 町屋 良平/著
  夢もなければ特技もない、クラスの人気も興味ない。フツーの高校2年生・星崎は、ある日、河原で暮らす友人
  ・つくもから、子どもができたと打ち明けられて…。第159回(2018年上半期) 芥川賞候補作品です。
  

・『燃える波』 村山 由佳/著
  諦めに満ちた夫婦関係、女として見られない寂しさ。再会した同級生は、美しい男に成長していて…。
  秘められた想いが燃え上がる、激しくも密やかな恋の軌跡を描いた「婚外恋愛」小説です。