文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム
資料検索
総合メニュー
利用者のページ
簡易検索
サジェストを利用する

書名、著者名、出版者名等を入力して検索
お知らせ
毎週木曜日は新着本の日♪ №135(9/6号)
先日の台風は、最大瞬間風速が、58メートルという爆風台風でした。
大都会だけに山崩れなどはなかったですが、都会には都会の被害がありました。
北海道は、台風後の地震でそれも震度7。自然は、容赦ないのですね。厳しい。
では、今週の新刊コーナーからおすすめ本の紹介です。


・『襲来 上』 帚木 蓬生/著
  僧侶・日蓮は、幕府が法華経を用いなければ、国内の災害が続き他国からの侵略を受けると予言した。
  日蓮に仕えていた見助は、その耳目となって予言を確かめるため、九州の対馬に一人で赴くことに…。
  元寇の真実を描く歴史長編です。下巻もあります。
  
  
・『マリコ、うまくいくよ』  益田 ミリ/著
  一生懸命働いて、自分の人生を大切に生きたい。だからこそ、マリコたちは考えます。やわらかな悲鳴を
  あげながら-。社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場のマリコたちを描く、読めばじわりと勇気が湧く
  お仕事漫画です。
  

・『骨を弔う』  宇佐美 まこと/著
  骨格標本が発掘された、という新聞記事を見つけた豊は、小学生時代、仲間と山中に骨格標本を埋めたことを
  思い出す。ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱き、かつての仲間に会いに行くが…。

  

  


 



 

ページ選択
ページの選択ができます