文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム
資料検索
総合メニュー
利用者のページ
簡易検索
サジェストを利用する

書名、著者名、出版者名等を入力して検索
お知らせ
毎週木曜日は新着本の日♪ №124(6/14号)
先日の6月10日の時の記念日は、天智天皇が水時計を作って時を知らせたという日本書紀の故事に
由来するそうですが、時間は大切ですね。
では、今週の新刊コーナーからおすすめの本を紹介します。


 ・『未来』 湊 かなえ/著
  ある日、10才の章子に突然届いた一通の手紙。送り主は未来の自分、30才の章子だという。
  信じているあいだは、本物の未来からの手紙。章子はその夜、返事を書き…。書き下ろし長編ミステリーです。
   
 
 ・『江戸ねこ日和』 倉坂 鬼一郎/著  
  旅籠付き小料理屋のどか屋の看板猫「のどか」が永眠。誰がいうともなく祠と石の猫地蔵が祀られ、
  お参りの人も増えてきた。不思議なことが重なって、のどか屋に人情あふれる話が舞い込見ます。

  
 ・『千福万来!まねき猫事件ノート』 水生 大海/著
  凪のママが営む通販下着メーカーのお店に化け猫が出る、という噂が立つ。あり得ないと笑った直後、
  お店はさまざまなトラブルに見舞われて…。少女と黒猫のコンビが謎と福(?)を呼び込む、ユーモア猫ミステリー第2弾です。


  
 

 

ページ選択
ページの選択ができます