文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム
資料検索
総合メニュー
利用者のページ
簡易検索
サジェストを利用する

書名、著者名、出版者名等を入力して検索
お知らせ
毎週木曜日は新着本の日♪ №230(9/24号)
毎週木曜日は新着本が入ります。
では、今週も新刊コーナーからおすすめの本を紹介します。

・『海蝶』 吉川英梨(よしかわ・えり)/著
  女性初の潜水士として注目を集める、横浜海上保安部所属・忍海愛。
  兄は特殊救難隊、父もベテラン海保潜水士で血筋は折り紙付き。そんな愛を待ち受けていたのは、とんでもない事件だった…。
  挑戦と勇気の物語。


・『灯台からの響き』 宮本輝(みやもと・てる)/著
 本の間から、亡き妻宛てに30年前に届いたハガキを見つけた康平。そこに描かれていたのは、海岸線と灯台のように見える線画。
 妻の過去を知るために、康平は灯台を巡る旅に出る…。『北日本新聞』ほか掲載を単行本化。


・『償いの流儀』 神護かずみ(じんご・かずみ)/著
 西澤奈美が親しみを寄せるタバコ屋のおばちゃんがオレオレ詐欺に遭った。
  仇を取ろうと証拠をつかんだ詐欺集団を匿名で警察に通報するが、逮捕を逃れた残党に復讐の標的にされる。
  背後の組織を摑めない奈美の窮余の一策とは…。


・『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』  青柳碧人(あおやぎ・あいと)/著
 森の中のお菓子の家。走り抜けるカボチャの馬車。お城で、眠り続けるお姫さま。
  次から次へと起きる事件を赤ずきんがスッキリ解決! 世界の童話を密室などミステリのテーマで読み解く作品集。
  『小説推理』掲載を書籍化。

ページ選択
ページの選択ができます