Top

Hanno City Library

Login

Search Result Details
Previous Next
白鳥とコウモリ
Holdings: 2 Checked Out: 2
Available for Loan: 0 Holds: 39
Reserve Add to My Bookshelf
Item Status
市立図書館 <112315148>
Checked Out / 一般室一般 / / /913.6/ヒ/  / None
市立図書館 <112423850>
Checked Out / 一般室一般 / / /913.6/ヒ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-344-03773-1
ISBN-13 978-4-344-03773-1
Title (Kana) ハクチョウ ト コウモリ
Author (Kana) ヒガシノ ケイゴ
NDC 913.6
Price ¥2000
Size 19cm
Number of Pages 522p
Abstract 竹芝桟橋近くの路上に違法駐車されていたセダンの後部座席から、男性の遺体が発見された。運転免許証と名刺から、弁護士であることが判明し…。『小説幻冬』掲載を加筆し長編として書籍化。
Author Profile 1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞、「容疑者Xの献身」で直木賞、本格ミステリ大賞を受賞。
Reference Sites
CALIL  CALIL
4 of 4 people found the following review helpful
練り上げられた構成に感服。
(2021/04/19)
るなくん/網走市立図書館
犯罪を犯せば、本人のみならず、その家族も同様に
いやそれ以上に、家族の罪を背負って生きていかなければならない。
そして、一族の末裔まで影響を及ぼすリアルな情景描写が切なく怖い。
絡み合い複雑化する過去と現在。

加害者の息子と被害者の娘がそれぞれ、自分の父を信じ、
縺れた謎を解き明かしていく。

練り上げられた構成力に圧倒された。
読み応えのある一冊。
4 of 4 people found the following review helpful
二人を守ろうとしたK氏
(2021/06/08)
かずちゃん/市立富良野図書館
殺人事件が起きた。犯罪者家族と被害者遺族、この真逆の立場の男女が自身の家族、弁護士そして警察官を巻き込みながら
事件の真実が別にあると信じて独自に調べていく
ある弁護士が殺された、事件はK氏が逮捕され自供によってほぼ解決を見る、これによって一件落着と警察は安堵したのだが・・・
更に30年前の解決済の殺人についても関与認める供述をしたのだった
現在と過去の人間関係を追っていくうちに絡み合った糸は、一本また一本と解れていく、果たして事件の当事者は嘘を言ってないのか、
加害者と被害者の接点は何処にあるのか、真逆の立場の男女が追い求め、たどり着いた事実を暴く事で誰が得をするのだろうか?
刑事事件の結末に損得は存在しないのだろうが、傷を癒された者や新たに傷付いた者が共存していかなければならない

この複雑な人間関係と時間の構成は読みごたえがあり、満足のいく一冊だった。
1 of 1 people found the following review helpful
暗くなりがちな内容を上手に処理している
(2021/07/04)
サーバー不調になるので500件以下にして/網走市立図書館
 久しぶりの読書でしたが飽きずに1日で読み終えた、暗くなりがちな内容を若い男女が希望を照らす、なかなか楽しんで読めました。
0 of 0 people found the following review helpful
重厚なお話でした、二人に幸あれ
(2022/09/20)
ハンセン/和泉市立図書館
なかなかこれだけ二転三転するとは、思いませんでした っていうのが、最初の感想でした、一人の判断でこれだけのことを成立しかかるのかとは思いました。
0 of 0 people found the following review helpful
巧いんだよなぁ
(2022/01/17)
やわ/下野市立図書館
さすが東野圭吾!と思った。伏線!真相!後半になるにつれゾクゾクする。早く続きが読みたくなる。タイトルが巧いのよ。白鳥とコウモリ‥(ため息)最後に救いがあるのが嬉しかった。
0 of 0 people found the following review helpful
一気に読めた
(2022/06/30)
りんご/島本町立図書館
ミステリーとしても面白いし、何よりも、被害者側の家族と加害者側の家族の心情が深く書かれていて、引き込まれた。ラストは真相が分かってすっきりすると同時に、感動も得られるいい終わり方だった。
0 of 0 people found the following review helpful
東野圭吾の最高傑作か?
(2022/03/25)
ドラゴン/島本町立図書館
殺人犯の家族の辛い境遇を描いた著者の作品はいくつかあるが、本作品は秀逸。
被害者の娘と加害者の息子がそれぞれ真実を求めていく中で驚きの展開が。
複雑だが緻密で重厚ささえ感じさせるストーリーを構築する著者の才能に感服。
警察や弁護士が自分の立場に沿った捜査にしか興味がなく、真実を追い求めようとしない姿もとても現実味を感じさせる。

Add to My Bookshelf

To-read Currently-reading Read

Rating

Rate from 0 and 5 in 0.5 increments.
Tap [Submit] after you have modified your rating.