文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム 検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細

Powerd By Google

光のうつしえ
廣島 ヒロシマ 広島
朽木祥∥作 講談社 2013.10
図書館からのおすすめポイント
2016年学年別おすすめ本(中・高校)
図書館司書

2019/02/22
他のレビューを見る
広島に暮らす中学1年生の希未は、お墓参りの際、祖母から美術部顧問である吉岡先生の話を聞く。それは原子爆弾で亡くなった先生の許婚(いいなずけ)の話だった。
先生の過去を知った希未は、文化祭で広島についての展示を企画し、原子爆弾が落とされた日の話を周囲から聞くことに。広島出身の著者が描く“8月6日”の物語。
参考になりましたか?はいいいえ
平均評価
(1人)
あなたの評価
レビューを書く
資料の状況
蔵書数 1冊 貸出可能数 1冊 貸出数 0冊 予約件数 0件

場所請求記号資料コード禁帯区分状態
池田市立図書館10'sコーナーC/913.6/クツ/YA105461248帯出可貸出可
詳細情報
作成機関名
TRC
ISBN
4-06-218373-4
13桁ISBN
978-4-06-218373-4
書名ヨミ
ヒカリ ノ ウツシエ
副書名ヨミ
ヒロシマ ヒロシマ ヒロシマ
著者ヨミ
クツキ ショウ
NDC9版
913.6
本体価格
¥1300
出版者ヨミ
コウダンシャ
大きさ
20cm
ページ数
189p
抄録
夏の夜、川には灯籠が流れる。仏壇の前で涙を流す母、同じ風景ばかりを描く美術教師。中学1年生の希未は、今までよく知らなかった、広島に原爆が落ちた“あの日”のことを、周りの大人たちから聞かせてもらうことに…。
著者紹介
広島生まれ。被爆二世。上智大学大学院博士課程前期課程修了。「かはたれ」で児童文芸新人賞、日本児童文学者協会新人賞ほか受賞。「風の靴」で産経児童出版文化賞大賞を受賞。
ユーザレビュー
レビューを書く
0人中0人が好評価
亡くなった方を「悼む」ということは
(2019/07/16 12:28:21)
moimoi/甲斐市立図書館
その人のことをいつまでも忘れずに、ずっと心に想い、伝えていくということ。
この本は、中学生の主人公の希未(のぞみ)とともに、あの日ヒロシマで無残に命を奪われた無辜の民(天災を受けた罪のない人々)に想いを馳せる物語です。
美術部員として、あの日の記憶を作品に込め語り継いでいこうとする希未は、あまりの悲惨さに口をつぐみ、心を閉ざした周囲の被爆者の声にふれることになります。

献辞文の「世界中の小山ひとみさん」とは、ある日突然、大切な我が子を失くしてしまった世界中のお母さん達のこと。そのやり場のない悲しみと一生癒されることのない悲しみを想うと涙が止まらなくなります。
参考になりましたか?はいいいえ
違反報告する


1/1件
前の資料    次の資料

ユーザログイン

利用者カードの番号
パスワード
ニックネームの登録がありません
この機能を使用するためには、ニックネームの登録が必要です。
ユーザ設定画面からニックネームの登録を行ってください。