Top

MokaCityLibrary

Login

Search Result Details
Previous Next
コウモリ学
  • 適応と進化
  • 東京大学出版会 2020.8
  • 船越 公威∥著
  • (0 reviews)
Holdings: 1 Checked Out: 0
Available for Loan: 1 Holds: 0
Add to My cart Add to Book list
Item Status
MOKA <113029995>
Available / 一般新着 / / /489.4/フ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-13-060240-2
ISBN-13 978-4-13-060240-2
Title (Kana) コウモリガク
Subtitle (Kana) テキオウ ト シンカ
Author (Kana) フナコシ キミタケ
NDC 489.42
Price ¥5400
Publisher (Kana) トウキョウ ダイガク シュッパンカイ
Size 22cm
Number of Pages 7,299p
Related Subject こうもり
Abstract 「空飛ぶ哺乳類」コウモリ。その分類、形態、生態、進化、保全などについて詳細にまとめたコウモリのモノグラフ。飛翔、エコーロケーション、冬眠、渡りほか興味深いテーマについて解説する。
Author Profile 1948年広島市生まれ。九州大学大学院農学研究科博士課程修了。鹿児島国際大学名誉教授。農学博士。専門は哺乳類学。
Table of Contents
第1章 分類と分布
  1.1 分類学的位置づけ
  1.2 各科の特徴と分布
  1.3 日本のコウモリ
第2章 形態
  2.1 前肢の翼
  2.2 体毛
  2.3 頭骨と歯
  2.4 消化管
  2.5 後肢,尾および尾膜
第3章 ねぐら
  3.1 ねぐら場所の多様性
  3.2 異種異属の混群の形成
  3.3 夜間のねぐら
  4.1 昆虫食者
第4章 採食活動と食性
  4.2 果実食者
  4.3 花蜜食者
  4.4 肉食者
  4.5 血液食者
  5.1 繁殖
第5章 繁殖と成長
  5.2 昆虫食者
  5.3 植物食者
  5.4 肉食・魚食および血液食者
  5.5 出産哺育集団の形成
  5.6 妊娠と出産
  5.7 出生後の哺育と成長
  5.8 性成熟,生存率および寿命
第6章 社会
  6.1 コウモリの配偶システム
  6.2 コウモリ社会の特性
第7章 渡りと移動
  7.1 渡り
  7.2 移動
第8章 日内休眠と冬眠
  8.1 体のサイズと代謝
  8.2 日内休眠
  8.3 冬眠
第9章 寄生と感染
  9.1 外部寄生
  9.2 内部寄生
  9.3 細菌感染
  9.4 ウイルス感染
第10章 進化
  10.1 唯一の飛翔哺乳類
  10.2 翼手類の系統と各科の出現
  10.3 エコーロケーションの進化
  10.4 化石からみた進化
  10.5 逆さま・ぶら下がり先行説
  11.1 世界のコウモリの現状
第11章 保全
  11.2 日本の現状と保全
  11.3 バットストライク
  11.4 啓蒙と教育
第12章 これからの研究
  12.1 研究の課題
  12.2 課題と展望
There are no patron reviews.

Add to Book list

To-read Currently-reading Read

Rating

Rate from 0 and 5 in 0.5 increments.
Tap [Submit] after you have modified your rating.