Top

MokaCityLibrary

Login

Search Result Details
Previous Next
暴君
Holdings: 1 Checked Out: 0
Available for Loan: 1 Holds: 0
Add to My cart Add to Book list
Item Status
MOKA <113025969>
Available / 岩波新書 / / /932.5/シ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-00-431846-0
ISBN-13 978-4-00-431846-0
Title (Kana) ボウクン
Subtitle (Kana) シェイクスピア ノ セイジガク
Author (Kana) グリーンブラット スティーヴン
Author (Original) Greenblatt Stephen
Author (Kana) カワイ ショウイチロウ
Original Title 原タイトル:Tyrant
Series Name (Kana) イワナミ シンショ シンアカバン
NDC 932.5
Price ¥860
Publisher (Kana) イワナミ ショテン
Size 18cm
Number of Pages 4,255,7p
Abstract なぜ国家は繰り返し暴君の手に落ちるのか? 暴君と圧政誕生の社会的、心理的原因を探り、絶対的権力への欲望とそれがもたらす悲惨な結末を見事に描いたシェイクスピアが現代に警鐘を鳴らす。
Author Profile 1943年マサチューセッツ州生まれ。イェール大学、ケンブリッジ大学卒業。ハーヴァード大学教授。「一四一七年、その一冊がすべてを変えた」でピュリッツァー賞、全米図書賞を受賞。
0 of 0 people found the following review helpful
最高権力者の矜持と不安
(2020/12/03)
しゅうちゃん/甲斐市立図書館
 最高権力者の心に宿る矜持と巣食う不安。最高権力者は、最高権力者がゆえに常に孤独である。自らの地位を危うくすることには誰よりも神経質で、その不安が抑えきれないほど強くなれば、暴君となる可能性が高まる。最高権力者には、権力にすり寄ってくるものたちが多く出て、その追従は、権力者に自信と自己満足をもたらす。ただ、それは躓きの石でもあり、自らを最高権力者にしてきた冷静な観察力と判断力を失わせることにつながる。権力をえる過程で行使した手段は、その強みを知るがゆえに、自らの権力を奪う有力な手段であるとの認識をもつ。暴力で地位を奪ったものは暴力を恐れ、権謀術数で地位を奪ったものは権謀術数をおそれる。強みが自縄自縛となって、権力失墜の崖に自らを追い込んでいく。シェイクスピア研究の大家が、シェイクスピア作品を解説しながら暴君の姿を追う。

Add to Book list

To-read Currently-reading Read

Rating

Rate from 0 and 5 in 0.5 increments.
Tap [Submit] after you have modified your rating.