文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム 検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細

Powerd By Google

もうひとつの屋久島から
世界遺産の森が伝えたいこと フレーベル館ノンフィクション 1
フレーベル館 2018.3
武田 剛∥著
平均評価
(3人)
あなたの評価
レビューを書く
資料の状況
蔵書数 2冊 貸出可能数 1冊 貸出数 1冊 予約件数 0件

場所請求記号資料コード禁帯区分状態
津島市立図書館閉架書庫K/291/タ/ 020424693帯出可貸出可
津島市立図書館コーナー5K/291/タ/ 020845749帯出可貸出中
詳細情報
ISBN
4-577-04625-8
13桁ISBN
978-4-577-04625-8
書名ヨミ
モウ ヒトツ ノ ヤクシマ カラ
副書名ヨミ
セカイ イサン ノ モリ ガ ツタエタイ コト
著者ヨミ
タケダ ツヨシ
叢書名ヨミ
フレーベルカン ノンフィクション
分類記号
291.97
価格
¥1500
出版者ヨミ
フレーベルカン
大きさ
20cm
ページ数
189p
一般注記
2019課題図書・小高
一般件名
屋久島
学習件名
屋久島
学習件名ヨミ
ヤクシマ
学習件名
森林保護
学習件名ヨミ
シンリン ホゴ
抄録
1993年、日本で初めて世界遺産に登録された屋久島。その11年前まで、島のいたる所で広大な原生林が伐採されていた事実があった。屋久島の過去・現在・未来にせまる、渾身のドキュメンタリー。
児童内容紹介
数千年も生きる巨大杉(きょだいすぎ)が数多くねむる屋久島。日本で初めて世界遺産に登録されたこの島では、かつて原生林が伐採(ばっさい)されていた。もし反対運動が起きていなかったら、ほとんどの原生林は姿を消していたのだ。屋久島の自然を紹介(しょうかい)しながら、自分の意見を主張することの大切さを伝える。
著者紹介
1967年生まれ。立教大学文学部卒。朝日新聞社編集委員などを経て、同社と鹿児島放送の屋久島駐在。「地球最北に生きる日本人」で児童福祉文化賞、産経児童出版文化賞受賞。
目次
プロローグ
  屋久島へ
一章 屋久島で暮らす
  日本一雨が降る島
  太古の森
  山ばかりの島
  「屋久島支局」を建てる
  大人気の巨大杉
二章 屋久島での取材はじまる
  ウミガメが命をたくす砂浜
  伝統の山岳信仰「岳参り」
  世界で屋久島だけの花
  日本中の気候と植物が集まる森
  江戸時代の伐採
三章 屋久島の森の歴史
  大正から昭和への大伐採
  立ちあがる青年たち
  現地視察から公開討論会へ
  告発の映画
  大自然の反乱
  ついに伐採が止まる
  受難続きの縄文杉
四章 屋久島の課題
  山のトイレ問題
  山小屋に管理人を
  屋久島の将来を担うガイド
  観光の質を高める
エピローグ
あとがき
屋久島関連年表
ユーザレビュー
ユーザレビューはありません

1/1件
前の資料    次の資料

ユーザログイン

利用者カードの番号
パスワード
ニックネームの登録がありません
この機能を使用するためには、ニックネームの登録が必要です。
ユーザ設定画面からニックネームの登録を行ってください。