文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム 検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細

Powerd By Google

めぐる森の物語
BL出版 2018.10
図書館からのおすすめポイント
2019年学年別おすすめ本(低学年)
図書館司書

2019/07/05
他のレビューを見る
のはらでおとこの子が本をよんでいると、野(の)ウサギがかけてゆきました。
野ウサギをおいかけると、どんぐりがぽろり。おちているどんぐりをひろいながら、山へすすんでいくと荒(あ)れ地(ち)につきました。
そこでは、野ウサギや小さなどうぶつ、鳥(とり)たちが木の実(み)をうめています。
やがて、荒れ地はうつくしい森となりました。
いのちのつながりをおしえてくれるものがたりです。
参考になりましたか?はいいいえ
平均評価
(0人)
あなたの評価
レビューを書く
資料の状況
蔵書数 1冊 貸出可能数 1冊 貸出数 0冊 予約件数 0件

場所請求記号資料コード禁帯区分状態
津島市立図書館絵本 /E/メイ/ 020851622帯出可貸出可
詳細情報
ISBN
4-7764-0874-1
13桁ISBN
978-4-7764-0874-1
書名ヨミ
メグル モリ ノ モノガタリ
著者ヨミ
イマイ アヤノ
分類記号
E
価格
¥1500
出版者ヨミ
ビーエル シュッパン
大きさ
30cm
ページ数
〔32p〕
一般注記
2019学年別
抄録
ぼくは、ふと目にしたウサギのあとを追いかけて、荒れ地にやってきた。そこでは、ウサギたちが、どんぐりを地面に埋めていて…。繊細な絵で紡ぐ、いのちの物語。
児童内容紹介
ある秋の日のことでした。口に袋(ふくろ)をくわえたウサギがかけてゆくところを見たぼくは、ウサギのあとをおいかけました。たどりついたのは荒(あ)れ地。そのまんなかで、さっきのウサギが何かしています。木のかげにかくれて見ていると、つぎつぎにウサギがやってきて、あちこちに穴(あな)をほっては、どんぐりをうめていき…。
著者紹介
1980年ロンドン生まれ。武蔵野美術大学出身。2003~06年、09年、12年にボローニャ国際絵本原画展に入選。作品に「くつやのねこ」「チャッピィの家」など。
ユーザレビュー
ユーザレビューはありません

1/1件
前の資料    次の資料

ユーザログイン

利用者カードの番号
パスワード
ニックネームの登録がありません
この機能を使用するためには、ニックネームの登録が必要です。
ユーザ設定画面からニックネームの登録を行ってください。