トップ

津島市立図書館

ログイン

検索結果詳細
前へ 次へ
本質をつかむ聞く力
蔵書数: 1冊 貸出数: 0冊
貸出可能数: 1冊 予約件数: 0件
本棚に登録する
資料の状況
津島市立図書館 <020469409>
貸出可 / 児童・新書 / /K/361/マ/  / 帯出可
詳細情報
ISBN 4-480-68326-7
13桁ISBN 978-4-480-68326-7
書名ヨミ ホンシツ オ ツカム キク チカラ
副書名ヨミ ニュース ノ ゲンバ カラ
著者ヨミ マツバラ コウジ
叢書名ヨミ チクマ プリマー シンショ
分類記号 361.453
価格 ¥780
出版者ヨミ チクマ ショボウ
大きさ 18cm
ページ数 169p
一般件名 メディアリテラシー
一般件名 ニュース
一般件名 デマ
学習件名 報道
学習件名ヨミ ホウドウ
学習件名 物の見方・考え方
学習件名ヨミ モノ ノ ミカタ カンガエカタ
学習件名 メディアリテラシー
学習件名ヨミ メディア リテラシー
抄録 なぜ人はウソを信じるのか。膨大な情報に囲まれ、事実とフェイクの見極めが難しくなっている現代、記者やキャスターとして千人以上にインタビューしてきた著者が、正しく聞くことの重要性を伝える。
児童内容紹介 真偽不明の情報があふれている今の時代、耳ざわりのいい言葉や衝撃的な発言をうのみにしてはいけない。長年、テレビの世界で記者やキャスターを務めてきた著者が、フェイクニュースに惑わされないために、何が本当で何が本質か、見極めるにはどうしたらいいかを説き明かす。
著者紹介 1960年山口県生まれ。BS-TBS「週刊報道LIFE」のキャスター・編集長。著書に「記者の報い」など。
目次
はじめに
第一章 聞かない時代-都合のいいことだけを聞きたい
  ソンタクが人々の耳をふさぐ
  SNSが盛んな今、なぜ“聞けない”のだろう?/つい空気を読んでしまう日本人
  聞く耳をもたず、強弁する人々
  丁寧な話し合いをしない国会
  「フェイクニュース」って何?
  なぜ人はウソを信じるのか
  メディアの報道に耳をふさぐ人々
  メディアを信じない理由/聞きたいことしか聞かない
  聞かないことで生まれる分断
  世界が分断された瞬間/世界はもっと複雑なはずだ
  「聞くこと」が生死を分けた
第二章 歴史の中での聞く力-真実はどこにあるのか
  沖縄での悲劇/「非国民」と呼ばれた男の「聞く力」
  デマはどのように拡散されるのか
  警察までがデマを信じた/もし自分だったらと想像してみよう
  ラジオが火をつけた虐殺
  不満や反発に火がつくと…/ラジオから流れてきたフレーズに洗脳された人々
  ナチスの虐殺を助けた傍観者
  命令に従っただけ/無関心と沈黙がさらに被害を拡大させた
  両論併記の罠
  歴史や研究をなかったことにしようとする動き/真実はどこにあるのか?
第三章 相手の言葉に耳を澄ませる
  もっともらしく聞こえるものこそ、疑おう
  「反」という言葉の意味するところ/反日と叫ぶのは誰?
  相手の「言わないこと」に耳を澄まそう
  都合のいいことだけを声高に言う人がいる
  結論だけでなく、話の全体像に耳を傾けよう
  衝撃的な発言に惑わされてはいけない/発言の意図を考えながら聞こう
  「言い換え語」の本当の意味を見抜こう
  今も使われ続ける「言い換え語」
  理屈はいつも正しいのだろうか?
  論理的に見える言葉こそやっかいだ/本質は何かを見失わないように
  問いの奥にまで耳を澄まそう
  人はどんな思いで問いを発するのか
第四章 フェイクニュース時代の聞く力
  テレビは「聞く力」をどう変えたか
  視聴者を逃さない工夫/複雑なものが排除されていく
  テレビに忍び寄る「ヘイト」と「フェイク」
  テレビの歴史が変わった日/間違った認識が拡散されていく
  フェイクがメディアを復権させた!?
  調査報道メディアも大幅増/フェイクと事実のせめぎあい
  “偏っている”メディアをどう聞くか
  報道の役割とは何か
  フェイク時代のメディア
  原発事故が生んだメディアへの不信/フェイク時代の選択/メディアをどう使うか
おわりに
ユーザレビューはありません

本棚に登録する

読みたい 今読んでる 読み終わった

資料を評価する

0~5までの値で評価を登録できます。
(増減量0.5)
変更後、[決定]ボタンを押してください。