トップ

津島市立図書館

ログイン

検索結果詳細
前へ 次へ
翻訳ってなんだろう?
蔵書数: 1冊 貸出数: 0冊
貸出可能数: 1冊 予約件数: 0件
本棚に登録する
資料の状況
津島市立図書館 <020469417>
貸出可 / 児童・新書 / /K/801/コ/  / 帯出可
詳細情報
ISBN 4-480-68323-6
13桁ISBN 978-4-480-68323-6
書名ヨミ ホンヤク ッテ ナンダロウ
副書名ヨミ アノ メイサク オ ヤクシテ ミル
著者ヨミ コウノス ユキコ
叢書名ヨミ チクマ プリマー シンショ
分類記号 801.7
価格 ¥820
出版者ヨミ チクマ ショボウ
大きさ 18cm
ページ数 205p
一般件名 翻訳
学習件名 翻訳
学習件名ヨミ ホンヤク
学習件名 英語
学習件名ヨミ エイゴ
抄録 「赤毛のアン」「不思議の国のアリス」「高慢と偏見」「風と共に去りぬ」…。誰もが知っている名作を紙上で訳しながら、まったく新しい「翻訳読書」を教える。訳しにくいものワースト5なども紹介。
児童内容紹介 翻訳とは、なにをするものなのだろうか?モンゴメリ「赤毛のアン」、サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」、マーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」…。翻訳家と生徒たちが対話しながら翻訳を実践するなかで、翻訳の醍醐味(だいごみ)と名作の魅力を明らかにする。
著者紹介 東京生まれ。翻訳家。著書に「全身翻訳家」など。
目次
序章 翻訳ってなんだろう?
  翻訳ってなんだろう? 読書、批評、体験/英文和訳と翻訳の違いって?/より良い翻訳をするために/能動的に読むということ/“翻訳読書”のすすめ
第一章 モンゴメリ『赤毛のアン』-「小難しい言葉」を訳すと、「アンの屈折」がわかる
  デコボコを均しすぎない/飲んだくれ? ほろ酔い?-アンの過去がのぞく言葉/ぶち壊したのか? 割ってしまったのか?/ムズカシイ言葉はかみ砕かなくていい(こともある)
  とまどいを訳す-アリスはチェシャ猫に会いたいの?/帽子屋とウサギが狂っているわけ/pigとfigのダジャレをどう訳す?/軽く予想を裏切る/混乱させつつ面白がらせる/章タイトルはどう訳す?
第二章 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』-「言葉遊び」を訳すと、「アリスのとまどい」がわかる
第三章 エミリー・ブロンテ『風が丘』-「人称代名詞」を替えると、「あの人のうっとうしさ」がわかる
  人称代名詞とのつきあい方/訳文の世界観は出だしで決まる/想像と夢想のちがい/なにを書いて、なにを書かないか/ヒースクリフは「寡黙な男」という幻想
第四章 エドガー・アラン・ポー『アッシャー家の崩壊』-「まわりくどい文体」を訳すと、「恐怖の源」がわかる
  くねる文章の非効率につきあう/読者を安心させない/一瞬、見せておいて…/心理的なギャップ/主役はだれ?
  タイトルは「空耳」から/反抗する自己紹介/警戒、不安、孤独は口癖にあらわれる/なぜ言い切らないのか?/受け入れてくれるyou/語り手のハートと言葉の距離
第五章 サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』-「口癖」を訳すと、「ホールデン少年の孤独」がわかる
  中身が大事か、器が大事か、それが問題だ/定型がある方が訳すのがむずかしい?/ダジャレ、皮肉、悪態、これらも難題だ/作戦その1/作戦その2/作戦その3
幕間 訳しにくいものワースト5-詩、ジョーク、言葉遊び、皮肉、悪態は、翻訳五大難関!?
第六章 ジョージ・バーナード・ショー『ピグマリオン』-「完壁すぎる英語」を訳すと、「イライザの痛み」がわかる
  花売り娘の言葉を訳すには!?/言葉の違いによる階級意識/目から鼻に抜けるような訳文を/気高い、哀しみの木霊
第七章 ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』-「毛糸の色の違い」を訳すと、「まなざしの移ろい」がわかる
  文体の特徴/語り手の特権/じょじょに「声」が強くなる/会話と地の文がくっつく/毛糸の色が変わる?/人は知っている色しか見えない
  あらゆる騒動の元にある「限嗣相続制」/登場人物たちは貴族じゃないの?/貴族・ジェントリーの称号と敬称/それ、ほめ言葉なの、嫌味なの?/出自、称号、お金、一番ものをいうのはどれ?/相手に言わせる話術/根底にある批評精神
第八章 ジェイン・オースティン『高慢と偏見』-「紳士淑女の敬称」を訳すと、「ご近所さんの見栄」がわかる
第九章 グレアム・グリーン『情事の終り』-「行間」を訳すと、「男たちの第二ラウンド」がわかる
  行間の空気を読みとる/男同士のマウンティング/“いいかげん気づけよ”のas though/ひそやかな代名詞/反撃のand
  語り手が登場人物と一体化する/いちばん訳しにくい「過去のなかの未来」/sheは「彼女」ではない/ボケとツッコミの波を乗りこなそう/ジレンマとうつろな心
第十章 マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』-「心の声」を訳すと、「ボケとツッコミの構造」がわかる
あとがき
講師訳例
参考文献リスト
ユーザレビューはありません

本棚に登録する

読みたい 今読んでる 読み終わった

資料を評価する

0~5までの値で評価を登録できます。
(増減量0.5)
変更後、[決定]ボタンを押してください。